特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

立候補予定1033人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞の集計によると28日現在、衆院選には小選挙区で925人、比例代表(単独)で108人の計1033人が立候補を予定している。内訳は、自民党303人▽共産党281人▽日本維新の会48人▽公明党36人--など。民進党の立候補予定者(213人)の大半は今後、希望の党の公認を得る見通しだ。

 10月10日の公示まで期間が短いため、…

この記事は有料記事です。

残り77文字(全文241文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る