特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

民進党

合流へ見切り発車 歴史「リセット」拍手で了承

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前原誠司代表の言葉に拍手で応える民進党議員=東京都千代田区の民進党本部で2017年9月28日、堀和彦撮影
前原誠司代表の言葉に拍手で応える民進党議員=東京都千代田区の民進党本部で2017年9月28日、堀和彦撮影

 民進党は28日、希望の党への合流に向けて見切り発車した。同日に非公開で行われた両院議員懇談会では、希望側の候補者選定などに関する質問が相次いだが、前原誠司代表は「私と小池氏で調整してしっかりやる」などと述べるにとどめ、民進側の要求が通るかは不透明だ。それでも党勢低迷から抜け出せない民進党は、背に腹は代えられない。1996年の旧民主党、98年の民主党結党から約20年の歴史を「リセット」する方針が拍手で了承された。

 両院懇は約1時間行われ、10人強が発言。合流に真っ向から反対する意見はほとんどなく、複数の議員が候補者選定で「民進候補は全部認めるべきだ」と要望。前原氏は「チェック(選別)などさせない」と応じた。会合後の民進議員は吹っ切れた表情。安住淳元財務相は「反対がなかったのは、我が党としては本当に歴史的な日でした」と述べ、「民進党では正直、政権交代の力はない。小池さんだけでも(その力は)ない。一緒になって…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文958文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る