メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学びや

放課後の課外授業 自分の未来を描く 生きていく上で大事なことは?

[PR]

きなキャラクターからかる

 「将来しょうらいゆめは?」。そうかれて、まよわずこたえられますか。サッカー選手せんしゅやパティシエ、警察官けいさつかん社長しゃちょうなど、おもさだめているひともいれば、進学しんがくしたい中学ちゅうがく高校こうこう大学だいがくこたえられても、そのさきの「なりたい自分じぶん」はおもえがけないひともいるでしょう。「なりたい自分じぶん」をたのしくつける方法ほうほうを、キャリア教育きょういく専門家せんもんか法政大学大学院ほうせいだいがくだいがくいん石山恒貴教授いしやまのぶたかきょうじゅおしえてもらいました。【望月麻紀もちづきまき

 今年ことしがつ石山いしやまさんたちは東京都江戸川区とうきょうとえどがわくで「自分じぶんきなキャラクターを分析ぶんせきしよう!」というワークショップをひらきました。小学しょうがく4~6ねんの12にん参加さんかしました。

 参加者さんかしゃには当日とうじつけて、ある宿題しゅくだいされました。それは、「自分じぶんきなキャラクターを紹介しょうかいするシートをってきてください」。キャラクターは、アニメやゲームのキャラクターでも、漫画まんがやドラマの登場人物とうじょうじんぶつ歴史上れきしじょう人物じんぶつでもOK。ワークショップ当日とうじつどもたちは漫画まんがのコピーをったり、自分じぶんいたりして、ドラえもん、くまモン、カービィ(ゲームのキャラクター)などをってきました。「あに」というひともいたそうです。

つけようライフテーマ

 なぜ「きなキャラクター」を分析ぶんせきするのでしょうか。

 石山いしやまさんは「きていくうえ大事だいじにしたいと自分じぶんおもっていることを『ライフテーマ』といます。しあわせな人生じんせいおくるには、それにづき、それにもとづいて、はたらくことやまなぶことを自分じぶんえらることが大切たいせつです」といます。ところが、大人おとなになってもづいていないひとすくなくないそうです。「どものとききなキャラクターを分析ぶんせきすることで、自分じぶん大事だいじにしたいことがかるのです」と石山いしやまさんはいます。

 これは、マーク・サビカスさんというアメリカの大学だいがく先生せんせいで、キャリアカウンセリング(どんな仕事しごとをしたいかでなやひと助言じょげんをすること)の専門家せんもんか理論りろんもとづいた方法ほうほうです。サビカスさんの理論りろんはおおまかにうと、「6さいのころの自分じぶんのヒーローやヒロインをかんがえると、自分じぶん価値観かちかんかる」というものです。大人おとなになると、失敗しっぱいしてはいけないとかんがえたり、他人たにんになったりして、本当ほんとう自分じぶん大事だいじにしたいことをえない、自分じぶんなに大事だいじにしたいかがえない、となりがちです。だからこそ、どものとき素直すなおな「き」を分析ぶんせきするのです。

 自分じぶん一人ひとりで「自分じぶんきなキャラクター」について、どこがきなのかをかんがえることもできますが、2がつのワークショップでは、4にんずつのグループで、なにきか、どこがきかを発表はっぴょういました。

ひとはなすとはっきりする

 石山いしやまさんは「くちして説明せつめいすることで、どうしてきなのか、自分じぶん大事だいじにしていることはなにかがはっきりします」と説明せつめいします。そのために、自分じぶんきなキャラクターとわったらなにをしたいか、キャラクターのこころのこるセリフはなにかなども説明せつめいします。

 「ひととのちがいにづくことも大切たいせつです」と石山いしやまさん。たとえば、つよいヒーローがきなひとばかりではありません。漫画まんが「ドラえもん」ののびについて「よわいけれど、ひとおもいやるところがいい」というひともいます。グループでむことで、自分じぶんとはちが価値観かちかんれる機会きかいにもなります。

挑戦ちょうせんしてみよう

 記者きしゃどものころからずっときなキャラクターは「スヌーピー」。犬小屋いぬごやうえでよくているけれど、スポーツが得意とくいで、とき弁護士べんごしとしてほかの動物どうぶつのおやくつことも。まじめなだけでなく、おんなこえけるお調子者ちょうしものでもあります。たしかにわたしはいろいろなことに挑戦ちょうせんするのがきで、記者きしゃになり、ひろ世界せかいるのがたのしいです。達成たっせいできたのはお調子者ちょうしものだけのようなもしますが……。

 みなさんも友達ともだちきなキャラクターについてかたい、たがいの「理由りゆう」にみみかたむけてみましょう。記録きろくしておくとよいかもしれません。くことも、自分じぶんかんがえをより明確めいかくにしてくれます。リポートにまとめて毎小編集部まいしょうへんしゅうぶおくってくれるのも歓迎かんげいです。たくさんあつまったら、紙面しめん紹介しょうかいします。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです