メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

朗読は天職 「モモ」で1人30役演じた佐久間レイさん

オーディオブック「モモ」の朗読を担当した声優の佐久間レイさん=東京都文京区で2017年8月、岡礼子撮影

 時間どろぼうと、ぬすまれた時間を取り返した女の子の物語--。児童文学の名著「モモ」(ミヒャエル・エンデ著、岩波書店)が今夏、初めてオーディオブックになった。制作したオトバンク(東京都文京区)は、これまでのビジネス書主体からジャンルを広げ、親子で楽しめる児童文学の定期配信としてスタートした。第1弾の「モモ」は、発売3週連続で同社サイトの総合ランキング3位以内に入るなど好評だ。朗読は、「それいけ!アンパンマン」のバタコさんの声などで知られる声優の佐久間レイさん。「描写が美しくて、香り立つようでした。読みながら、いろいろなことに気づきました」と話す佐久間さんに、作品について聞いた。【岡礼子】

 --朗読して印象に残ったシーンはありますか。

 佐久間さん 子供たちが海賊ごっこをして遊ぶ場面があるんです。本来のストーリーとは一見関係ないのに、かなりのページ数を割いて描かれます。読みながら、(漫画家の故)やなせたかし先生にいただいた「人生はよろこばせごっこ」という言葉が頭に浮かびました。

この記事は有料記事です。

残り3090文字(全文3533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 東京都内で206人の感染確認 4日連続200人超

  4. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです