特集

毎日新聞×毎日放送(MBS)

毎日新聞デジタルの「毎日新聞×毎日放送(MBS)」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

情熱大陸

ピアニストにして俳優の顔も持つ34歳“クラシック界の貴公子”清塚信也に密着!

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
<プロフィル>清塚信也(きよづか・しんや) 1982年東京生まれ。音楽家に憧れていた母の影響で5歳からピアノ教室に通い始める。学校に行くのと食事をする以外の全ての時間をピアノ漬けで過ごし、中学1年生の時に第50回全日本学生音楽コンクールの中学校の部で1位、第1回ショパン国際コンクールin ASIA1位など、ピアニストとして頭角を表す。音楽の名門桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、ロシア・モスクワ音楽院に留学し、名教師セルゲイ・ドレンスキーや故・中村紘子氏にも師事する。現在は世界の交響楽団との共演はもちろんのこと、テレビ・ドラマの音楽創作や俳優活動など幅広いジャンルに挑戦している。取材ディレクターいわく「野球とサッカーにもやたらと詳しい」34歳。
<プロフィル>清塚信也(きよづか・しんや) 1982年東京生まれ。音楽家に憧れていた母の影響で5歳からピアノ教室に通い始める。学校に行くのと食事をする以外の全ての時間をピアノ漬けで過ごし、中学1年生の時に第50回全日本学生音楽コンクールの中学校の部で1位、第1回ショパン国際コンクールin ASIA1位など、ピアニストとして頭角を表す。音楽の名門桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、ロシア・モスクワ音楽院に留学し、名教師セルゲイ・ドレンスキーや故・中村紘子氏にも師事する。現在は世界の交響楽団との共演はもちろんのこと、テレビ・ドラマの音楽創作や俳優活動など幅広いジャンルに挑戦している。取材ディレクターいわく「野球とサッカーにもやたらと詳しい」34歳。

その音楽性に秘められた“女たちの影”とは…

 端正な顔だちと華麗なテクニックから“クラシック界の貴公子”として注目を集めるピアニストの清塚信也がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(NBS製作著作/TBS系全国ネット、10月1日午後11時~11時半)に登場する。

。幼い頃からピアノの英才教育を受け数々のコンクールで優勝するなど輝かしい経歴を持つ一方で、ドラマや映画で俳優がピアノを弾くシーンの吹き替え演奏を始め、ドラマ『コウノドリ』では音楽監修に加えて自らも俳優として出演するなど異色の経歴を持つ34歳だ。

 彼が一貫して主張するのは「クラシックはもっとポピュラーであるべき!一部の専門家のためにあるべきではない!」ということ。コンサートでも演奏するだけでなく、ショパンやモーツァルトなどの面白エピソードを熱っぽく語り(その姿が一心不乱過ぎて観客から苦笑が漏れるほど……)何とかクラシックの裾野を広げたいと日々東奔西走している。

 カメラを向ければ向けるほど、その姿は“貴公子”というよりむしろ“異端児”であり、音楽に対する一途な想いはどこか狂気的。取材を進めていくと、その影にはピアニスト清塚を支えて来た“2人の女性”があった。

 1人は5歳から彼にピアノの英才教育を施した母親の存在。そのスパルタ指導は半端なものではなく「異常な愛情」と言っても過言ではなかった。そしてもう1人は彼の師匠であり、世界を魅了した天才ピアニストとして名高い故・中村紘子。強い個性を持つ彼女たちと清塚との間にある、一般人では想像もし得ない濃厚な「絆」とは?常に独自の路を模索し続ける異端なピアニストの「今」を見つめる。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集