メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボット

柔らか「もみもみ」 力の調節、弱点克服 慶応大チーム

開発者の野崎貴裕・慶応大助教(中央)の肩を適度な強さでもむロボット。左の人が操作している=横浜市港北区の慶応大で28日、斎藤有香撮影

 操作する人に触った感触などを伝えながら、柔らかいものをうまくつかめる2本腕のロボットを慶応大などの研究チームが開発した。人間の手でないとできないような繊細な作業の自動化などを目指すという。

 従来のロボットは、目的の場所に腕を動かすことと力を加減することを両立するのが難しく、イチゴのような柔らかい物をつぶさないように握るのが苦手だった。研…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]