メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

生徒会役員選挙、本番さながらに 衆院選、市議選控え 由利本荘・矢島高 /秋田

1票を投じる生徒=由利本荘市で

 由利本荘市の矢島高校で29日、生徒会の役員選挙があった。主権者教育の一環で、生徒約150人が参加。今回は選挙権年齢が18歳以上へ引き下げられてから初の衆院選で、同市ではさらに市議選も予定されている。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 新型コロナ 自宅療養中21人死亡 12月以降10都府県

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです