メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふれあい収集

高齢者、障害者宅ごみ 利用者4年で倍増 さいたま市、15年度に1548世帯 /埼玉

 独居高齢者や障害者のごみを自宅で直接引き取る、さいたま市の「ふれあい収集」の利用世帯が、2011年度から15年度までの4年間で、高齢者に限ると2倍近くに増えたことが分かった。高齢化社会の進展に伴い行政の支援へのニーズが拡大していることがうかがえる。一方で専門家は「声を上げられない高齢者には支援が至らず、物であふれた高齢者住宅が増えている」と警鐘を鳴らす。

 ふれあい収集の対象者は、65歳以上で1人暮らしの高齢者と障害者。同居者が高齢者や障害者でごみ出しが…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです