メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふれあい収集

高齢者、障害者宅ごみ 利用者4年で倍増 さいたま市、15年度に1548世帯 /埼玉

 独居高齢者や障害者のごみを自宅で直接引き取る、さいたま市の「ふれあい収集」の利用世帯が、2011年度から15年度までの4年間で、高齢者に限ると2倍近くに増えたことが分かった。高齢化社会の進展に伴い行政の支援へのニーズが拡大していることがうかがえる。一方で専門家は「声を上げられない高齢者には支援が至らず、物であふれた高齢者住宅が増えている」と警鐘を鳴らす。

 ふれあい収集の対象者は、65歳以上で1人暮らしの高齢者と障害者。同居者が高齢者や障害者でごみ出しができない場合なども対象となる。申請書を出し、市職員が自宅を訪問してごみを出すことが不可能と確認すれば、利用者として登録される。02年4月に始まり、14年7月には高齢者の安否確認などを事業に盛り込んだ。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです