メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

理科は面白い「文化」なんだ 神戸常盤大栗岡教授、軽快トークの出前授業 /大阪

 「理科は難しい、というイメージを持つ人もいるが、決してそうじゃない。日常生活のあらゆる所にある『文化』なんです」

 そう説きながら長年、子どもたちに面白い理科実験の出前授業に取り組んでいる大学の先生がいる。神戸常盤大保健科学部教授の栗岡誠司さん(66)だ。いろいろな物質を用意して繰り広げられる化学のサイエンスショーは驚きあり意外性ありで、大人でも思わず引き込まれる内容だ。栗岡さんの授業をのぞいてみた。【三野雅弘】

 兵庫県明石市で8月8日に行われた、一般社団法人「こどもサポートセンター」(同市)主催の夏休み企画「…

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文1979文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです