メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島から、長崎から

原爆投下後の写真 生前の暮らしも伝え/被爆者の話とリンク /広島

広島・原爆資料館学芸員の落葉裕信さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 核兵器がどのような破壊と惨禍をもたらすのか。長崎や広島で原爆投下後に撮影された写真は、被爆者の証言とともに、被爆の実相を如実に後世へ伝える貴重な資料だ。広島では原爆資料館が、長崎では長崎平和推進協会の写真資料調査部会が中心になって、写真の収集を進めてきた。被爆者が少なくなる中、写真を今後、どのように活用していけばいいのか。同館学芸員の落葉裕信さん(40)と同部会員で最年少の草野優介さん(29)に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2495文字(全文2701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  5. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです