メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギャンブル依存症

320万人 厚労省推計 過去最大1万人調査

 厚生労働省は29日、これまでの生涯でギャンブル依存症が疑われる状態になったことがある人は成人の3・6%に当たるとの調査結果を発表した。国勢調査データから推計すると約320万人になる。最近1年間に依存症が疑われる状態だった人は約70万人(0・8%)と推計された。

 ギャンブル依存症は、さまざまな問題が起きても賭け事をやめられない精神疾患。2013年度と16年度の同様の調査では、依存症疑い率がそれぞれ4・8%、2・7%とばらつきがあった。今回は過去2回…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです