衆院選2017

維新、埋没に危機感 松井代表、希望と連携前向き

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本維新の会(代表・松井一郎大阪府知事)が、希望の党(代表・小池百合子東京都知事)との連携姿勢を強めている。これまでカジノを含む統合型リゾート(IR)の大阪誘致などで安倍政権との協力を重視してきたが、「改革保守」を目指す希望の党の出現で状況が一変。埋没することに危機感を募らせ、当面は小池氏との連携で勢力伸長を狙う。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文817文字)

あわせて読みたい