メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近づく!

兵庫・伊丹で展覧会「俳諧と茶の湯」 季節感重視など共通点

 江戸時代に花開いた座の文芸・俳諧と、茶の湯。両者は、複数の人が参加することで会が成り立つ▽季節感を重視--などの共通点がある。二つの文化の関係性を考察する展覧会「俳諧と茶の湯」が、兵庫県伊丹市の柿衞(かきもり)文庫で開かれている。

 本展は、茶道表千家六世覚々斎(かくかくさい)と、彼に茶を学んだ江戸…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです