メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

烏鷺日和

真の囲碁ソフト世界一は?=金沢盛栄(編集委員)

本因坊文裕(右)と対局する「DeepZenGo」。左端はZenを操作する加藤英樹さん=大阪市北区で3月23日、森園道子撮影

 <烏鷺日和(うろびより)>

 人工知能(AI)囲碁ソフトといえば、英国の「アルファ碁」の名が真っ先に挙がるだろう。昨年3月、韓国のトップ棋士を破り、華々しくデビュー。さらに、今年5月には、世界ランキングナンバーワンの中国棋士を降し、そのニュースは世界中に配信された。将棋の藤井聡太四段フィーバーの時と同じように、囲碁に関心のない人も多くがアルファ碁のことを知ったはずだ。

 アルファ碁の陰に隠れてしまった感はあるが、実は、日本発のAI「DeepZenGo」(略称Zen)が…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1226文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです