メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

烏鷺日和

真の囲碁ソフト世界一は?=金沢盛栄(編集委員)

本因坊文裕(右)と対局する「DeepZenGo」。左端はZenを操作する加藤英樹さん=大阪市北区で3月23日、森園道子撮影

 <烏鷺日和(うろびより)>

 人工知能(AI)囲碁ソフトといえば、英国の「アルファ碁」の名が真っ先に挙がるだろう。昨年3月、韓国のトップ棋士を破り、華々しくデビュー。さらに、今年5月には、世界ランキングナンバーワンの中国棋士を降し、そのニュースは世界中に配信された。将棋の藤井聡太四段フィーバーの時と同じように、囲碁に関心のない人も多くがアルファ碁のことを知ったはずだ。

 アルファ碁の陰に隠れてしまった感はあるが、実は、日本発のAI「DeepZenGo」(略称Zen)がこの夏、大仕事をやってくれた。中国で開催された囲碁ソフトの世界大会で、Zenは並み居る世界のAIを破って優勝したのだ。実際のプロ棋士の世界では、日本は十数年来、中韓の後じんを拝している。AIの大会とはいえ、久しぶりの朗報に、日本の囲碁ファンは大いに留飲を下げた。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです