メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川霧の立ち込める中で落ち鮎を狙う釣りファン。こうした風景も貴重になるのだろうか=高知県四万十市の四万十川で2008年

 茶道の懐石料理は、旬の素材を用い、素材の持ち味を生かすのが特徴だ。秋の茶事に出されることの多い魚が鮎(あゆ)で、昔から重要視されてきた。筆者は夏に訪れた信州で、鮎にまつわる気がかりな話を耳にする。

 落ち鮎の季節を迎えた。腹いっぱいに子をはらんだ子持ち鮎の味は、稚鮎とはひと味違った風味があり、私の大好物の一つでもある。ただし、コレステロールを気にしなくてよければという注意書きが付くのは残念だが。

 ところで、私の数少ない趣味の一つに、河岸や湖岸をサイクリングすることがある。そのため、毎夏楽しみにして出かけるのが長野県千曲市の戸倉上山田温泉である。今年もまた定宿の笹屋ホテルを出て、千曲川沿いに川中島までの20キロと古都上田市までの15キロを走ったのだが、ふと気付いたことがあった。釣り人の姿があまりに少ないということである。

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです