メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川霧の立ち込める中で落ち鮎を狙う釣りファン。こうした風景も貴重になるのだろうか=高知県四万十市の四万十川で2008年

 茶道の懐石料理は、旬の素材を用い、素材の持ち味を生かすのが特徴だ。秋の茶事に出されることの多い魚が鮎(あゆ)で、昔から重要視されてきた。筆者は夏に訪れた信州で、鮎にまつわる気がかりな話を耳にする。

 落ち鮎の季節を迎えた。腹いっぱいに子をはらんだ子持ち鮎の味は、稚鮎とはひと味違った風味があり、私の大好物の一つでもある。ただし、コレステロールを気にしなくてよければという注意書きが付くのは残念だが。

 ところで、私の数少ない趣味の一つに、河岸や湖岸をサイクリングすることがある。そのため、毎夏楽しみにして出かけるのが長野県千曲市の戸倉上山田温泉である。今年もまた定宿の笹屋ホテルを出て、千曲川沿いに川中島までの20キロと古都上田市までの15キロを走ったのだが、ふと気付いたことがあった。釣り人の姿があまりに少ないということである。

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです