メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

減らせ、心疾患死 矢野勇人理事長に聞く 心臓リハビリに取り組む碩心館病院

 県内の心疾患死亡者数は、主要死因の第2位だ。幸い一命を取り留めても、再発の危険と隣り合わせで不安を抱える人は少なくない。以前と変わらない日常生活を送るには、心臓リハビリテーションが欠かせない。循環器専門施設の先駆けとして心臓リハビリに取り組む碩心館病院(小松島市江田町)の矢野勇人理事長に、適切な運動療法について聞いた。【聞き手、毎日新聞徳島支局長・高橋哲治】

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  4. 首相、施政方針で低姿勢に終始 「世論に振り回されている」漂う手詰まり感

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです