メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 センバツ 21世紀枠の候補校を発表 一覧へ

社告

絹谷幸二展が京都で開催中

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     日本美術界の第一線で精力的な活動を続ける画家、絹谷幸二さん。その作品を一堂に集めた展覧会「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」を京都国立近代美術館で開催中です。

     イタリア留学で、西洋の壁画制作などに用いられるアフレスコ古典画法を研究。色彩豊かな独自の画風を生み出した絹谷さんの代表作、新作、3面スクリーンの壮大な作品など、多彩な活動の全貌を紹介しています=写真は「迎臨飛龍金閣寺(げいりんひりゅうきんかくじ)」(2017年)。

     <会期>10月15日(日)まで。月曜休館(10月9日は開館、翌10日休館)<会場>京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町、075・761・4111)<観覧料>一般1400円、大学生900円、高校生500円、中学生以下無料※「絹谷幸二 天空美術館」(大阪・梅田スカイビル27階)の入館券をセットにした「2館セット券」を1900円で販売中

     主催 毎日新聞社、京都国立近代美術館、京都新聞▽協力 絹谷幸二 天空美術館

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
    2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
    3. 受精卵無断移植 提訴の元夫、娘にどう接したら
    4. 田中優子の江戸から見ると 「伝統」という言い訳
    5. 奈良の病院 夫に無断で受精卵移植 別居の妻出産

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]