メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城

生ガキの出荷始まる 全県一斉は震災後初めて

「万石浦鮮かき処理場」で大きく育ったカキをむく漁師ら=宮城県石巻市渡波で2017年9月29日、百武信幸撮影

 三陸特産のカキの水揚げが宮城県内各地で始まり、29日に生食用のカキが初出荷された。県漁協によると、例年より10日ほど早く、県が指定する出荷解禁日当日に全県一斉に出荷できるのは震災後初めてという。養殖で育ててきた漁師らは「今年は身入りがいい」と喜びながら、カキむきに精を出した。

 石巻市渡波の「万石浦(まんごくうら)鮮かき処理場」では29日午前6時過ぎ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです