特集

第49回衆院選

第49回衆院選に関する話題をまとめたページです。

特集一覧

衆院選

希望、過半数擁立目指す 維新とすみ分け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は29日の都庁での記者会見で、10月10日公示の衆院選にあたり、定数(465人)の過半数となる233人以上の公認候補擁立を目指す考えを示した。「政権選択の選択肢としての擁立を目指している」と語った。また、日本維新の会と選挙区調整して「すみ分け」を目指すとした。一方、民進党からの合流希望者に関して「排除されないということはない。排除する」と述べ、全員は受け入れないと明言した。【高橋恵子、梅田啓祐】

 小池氏は会見で、擁立の規模について「もちろん3ケタ(100人)は十分にクリアできると思っている。3ケタのうちどの方向になるか最善の努力を続けたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文981文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る