メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グルメ情報サイト

絶メシリスト開設 高崎・老舗の味

「絶メシリスト」のポスター

 市民に愛され、町とともに歴史を刻んできた老舗の味を紹介します--。群馬県高崎市は、そんなグルメ情報サイト「絶メシリスト」を開設した。「絶メシ」には「絶品の味を絶やすな」という意味が込められている。市内では、店主の高齢化や後継者不在で店じまいする老舗が相次いでおり、市は「多くの人に魅力ある味や懐かしい雰囲気を知ってもらい、ひいては味を守りたいという人が出てくれば」と話している。【増田勝彦】

 紹介する店は、市民らの情報を基に、グルメライターたちでつくる調査隊が認定した。

 基準は、(1)家族などによる個人経営(2)昭和の空気を感じさせる歴史がある(3)後継者問題を抱えていそう(4)この店でしか味わえない絶品料理、雰囲気がある(5)これまでインターネット上にあまり情報がない--など。

 現在、14店舗を掲載。各店ごとに店主の人柄や味へのこだわり、店の歴史、こだわりメニューのレシピなどが紹介され、後継者を求めるコーナーも作られている。

 新たな「絶メシ」店の情報提供コーナーも設け、来年3月末までに掲載を40店に増やす。

 サイトをPRするため、掲載店の店主を起用した13種類のポスターをJR高崎駅構内などに掲示し、スマートフォンで近くにある「絶メシ」店を検索することも可能にした。

 市などによると、国内の飲食業を含むサービス業の3分の2は後継者がいないといわれ、団塊世代が70歳を迎え、廃業が急増すると指摘されている。市内でも、肉みそラーメンが人気だった「東竜」(通町)、昔ながらの焼きそばが魅力の「もりや食堂」(新田町)など、人気店の閉店が相次いでいる。

 富岡賢治市長は「絶メシリストの取り組みは、高崎市だけでなく、あらゆる地方でローカルが持つ『食の魅力』を将来につなげる仕組みに発展できる可能性を秘めている」と期待を寄せている。

 詳細は「絶メシリスト」(https://zetsumeshi-takasaki.jp)。

◇群馬県高崎市の「絶メシリスト」掲載店◇

店名(所在地)   人気メニュー

茶々(鶴見町)   焼きまんじゅう

一二三食堂(宮元町)ソースカツ丼

アベニュー(田町) パン

可楽(あら町)   中華料理

松島軒(若松町)  大衆食堂

太洋軒(下室田町) 餃子

からゐ屋(下小鳥町)カレー

陽気軒(吉井町塩川)中華定食

大豪(上大類町)  ラーメン定食

山木屋(下室田町) ホルモン焼

満寿池(倉渕町権田)ます重

オリタ(田町)   焼きまんじゅう

コンパル(鞘町)  喫茶

デルムンド(通町) スパゲッティ

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
  2. 人気声優の死 異常なしがEBV感染症…難病指定訴え
  3. 宮部行範さん死去 48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ
  4. 大雪 乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生
  5. AV問題 動画削除も「気持ち晴れぬ」 55本出演の女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]