メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギャンブル依存症

成人320万人に疑い 厚労省調査

 厚生労働省は29日、これまでの生涯でギャンブル依存症が疑われる状態になったことがある人は成人の3.6%に当たるとの調査結果を発表した。国勢調査データから推計すると約320万人になる。最近1年間に依存症が疑われる状態だった人は約70万人(0.8%)と推計された。

 ギャンブル依存症は、さまざまな問題が起きても賭け事をやめられない精神疾患。2013年度と16年度の同様の調査では、依存症疑い率がそれぞれ4.8%、2.7%とばらつきがあった。今回は過去2回より規模の大きい20~74歳の1万人に面接し(有効…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 日本は本当に安全な国か 犯罪は少ないのに治安の悪化を体感する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです