メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代版手荒れ

スマホ多用で増える「指荒れ」 現状と対策は

自分の指をスマートフォンで撮影し、画像を拡大することで指の状態をチェックする「ハンドセルフィー」。野村有子院長は「指の状態に気づくことで、早めのケアにつなげてほしい」と話す=ユースキン製薬提供

 手や指がかさかさしたり、かゆくなったりする皮膚の荒れ。最近では、スマートフォンなど電子機器で指を酷使したことによるとみられる皮膚荒れが増えているという。主に「指荒れ」が目立つ“現代版手荒れ”の現状と対策について、専門家に聞いた。【増田博樹/統合デジタル取材センター】

 一般的な手の荒れは、繰り返し手や指を使うことで発症する。これまでは、水を多く使う主婦、美容師、飲食店員、紙幣などを扱う銀行員などによくみられた。放置すると、雑菌などから手を守るバリアー機能が衰えて、皮膚の奥まで刺激物が入り込み、出血や水ぶくれなどの症状になることもある。

 洗濯機や食器洗い機などの普及で、本来なら患者が減るところだが、今も症状を訴える人の数は大きく変わっていない。手や指の荒れに詳しい野村皮膚科医院(横浜市)の野村有子院長は「減るはずなのに減らないのは何か原因がある。多くの人が触って使うもの。今、それはスマートフォンではないでしょうか」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです