特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

関東地区県大会 準決勝 決勝は霞ケ浦VS明秀日立 共に関東大会出場へ /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日立一-霞ケ浦】六回裏霞ケ浦2死一塁、小儀の適時三塁打で一塁走者の出頭が生還し先制 拡大
【日立一-霞ケ浦】六回裏霞ケ浦2死一塁、小儀の適時三塁打で一塁走者の出頭が生還し先制

 第70回秋季関東地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞水戸支局など後援)は30日、ひたちなか市民球場で準決勝2試合があった。霞ケ浦が堅守を見せ、ノーシードの日立一に競り勝った。明秀日立は常総学院とのシーソーゲームを制した。

 勝った両校は、来春のセンバツ出場校選考での参考資料となる関東大会に出場する。昨年と同カードの決勝は1日午前10時、同球場で行われる。【玉腰美那子】

日立一散発5安打

 ▽準決勝

日立一

  000000000=0

  00000120×=3

霞ケ浦

 (日)綿引、清水-小松

 (霞)中田、海野-鈴木

▽本塁打 横田(霞)

▽三塁打 小儀(霞)

▽二塁打 木川(日)横田(霞)

 霞ケ浦が2死から得点する勝負強さを見せた。六回2死、出頭と小儀の連打で1点先取。七回2死には横田が左越え2点本塁打を放って加点した。守備でも4併殺と好守を見せた。日立一は散発5安打と、打線がつながらなかった。

常総好機生かせず

常総学院

  010210000=4

  00302000×=5

明秀日立

 (常)岡田、谷田部-菊地

 (明)細川-高田

▽本塁打 菊田(常)

▽三塁打 増田、北野(明)

▽二塁打 菊地、藤川(常)

 明秀日立は1点を追う五回、北野の三塁打や四球で1死満塁の好機を作ると、山口が右前適時打で逆転。先発・細川は終盤にも140キロを超える剛腕で完投した。常総学院は七回2死三塁の好機を生かせなかった。


 秋季高校野球県大会

 0180・99・1002

 毎日新聞テレホンサービス

次に読みたい

あわせて読みたい