メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

かずさエフエムパーソナリティー・嘉屋崎道子さん /千葉

嘉屋崎道子さん

ソフトな語りで元気発信 嘉屋崎道子さん(42)

 「まちづくりのツールとして欠かせないのがラジオ。親近感を持ってもらえたらうれしい」。身近で役立つ情報を発信しようと、地域密着に力を入れる。

 今年で発足9年目を迎えたコミュニティーFM局「かずさエフエム」のパーソナリティー。平日午後5時からの2時間番組「M,s SUNSET!」の月、水、金を担当し、地域の各種イベントでも司会者として活躍する。

 真夏に4000人以上の踊り子が一斉に舞い踊る木更津港まつり恒例の「やっさいもっさい踊り大会」では、総合司会を3年連続で担当した。「流れに任せ、ゆったりと生きていきたい」というソフトな語り口と優しい笑顔で、多くの踊り手から「ミチコー」「ミッちゃん」と声を掛けられる人気者だ。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです