メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

世界最細の外科手術用綿棒 「ものづくり」の底力 /大阪

大阪大消化器外科学の中島清一・特任教授=大阪大学吹田キャンパスで、関野正撮影

 重い病気になって、手術を受けるとしよう。できれば切られる範囲は小さいほうがいい。きっと痛みも少ないし、傷痕も残りにくいだろう。おなかに小さな穴を開け、内視鏡(小型カメラ)を使って行う「腹腔(ふくくう)鏡手術」も増えてきた。こうしたことから、手術痕がより小さくなるよう、手術機器はダウンサイジング化されている。腹腔鏡手術用の機器の直径は10ミリから5ミリへ、さらに3ミリへと小さくなってきた。しかし、手術用綿棒だけは5ミリが限界だったという。

 そんな中、大阪大学次世代内視鏡治療学共同研究部門の特任教授、中島清一(なかじまきよかず)さん(52…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです