メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

世界最細の外科手術用綿棒 「ものづくり」の底力 /大阪

大阪大消化器外科学の中島清一・特任教授=大阪大学吹田キャンパスで、関野正撮影

 重い病気になって、手術を受けるとしよう。できれば切られる範囲は小さいほうがいい。きっと痛みも少ないし、傷痕も残りにくいだろう。おなかに小さな穴を開け、内視鏡(小型カメラ)を使って行う「腹腔(ふくくう)鏡手術」も増えてきた。こうしたことから、手術痕がより小さくなるよう、手術機器はダウンサイジング化されている。腹腔鏡手術用の機器の直径は10ミリから5ミリへ、さらに3ミリへと小さくなってきた。しかし、手術用綿棒だけは5ミリが限界だったという。

 そんな中、大阪大学次世代内視鏡治療学共同研究部門の特任教授、中島清一(なかじまきよかず)さん(52…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1183文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
  5. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]