メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

世界最細の外科手術用綿棒 「ものづくり」の底力 /大阪

大阪大消化器外科学の中島清一・特任教授=大阪大学吹田キャンパスで、関野正撮影

 重い病気になって、手術を受けるとしよう。できれば切られる範囲は小さいほうがいい。きっと痛みも少ないし、傷痕も残りにくいだろう。おなかに小さな穴を開け、内視鏡(小型カメラ)を使って行う「腹腔(ふくくう)鏡手術」も増えてきた。こうしたことから、手術痕がより小さくなるよう、手術機器はダウンサイジング化されている。腹腔鏡手術用の機器の直径は10ミリから5ミリへ、さらに3ミリへと小さくなってきた。しかし、手術用綿棒だけは5ミリが限界だったという。

 そんな中、大阪大学次世代内視鏡治療学共同研究部門の特任教授、中島清一(なかじまきよかず)さん(52…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです