秋の高校野球

県大会 決勝は開星VS石見智翠館 ともに中国大会へ /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【開星-益田東】二回表開星1死二塁、中村の左越え適時二塁打で森岡が還り先制=松江市営野球場で、前田葵撮影 拡大
【開星-益田東】二回表開星1死二塁、中村の左越え適時二塁打で森岡が還り先制=松江市営野球場で、前田葵撮影

 県高校秋季野球大会(県高野連など主催、毎日新聞松江支局など後援)は30日、松江市営野球場で準決勝2試合があった。開星が4-1で益田東を降し、石見智翠館は8-0で大田に快勝した。決勝は松江市営野球場で1日午後0時半から、3位決定戦は同午前10時からある。上位3校は、27日に広島県で開幕する中国大会に出場する。【前田葵、根岸愛実】

 ▽準決勝

開星

  011000011=4

  001000000=1

益田東

 開星が小刻みに加点し、益田東に主導権を握らせなかった。二回1死二塁、中村の左越え適時二塁打で森岡が還り先制。三回は単打に足を絡めて加点。終盤も、八、九回に山根の適時二塁打などで各1点を挙げてだめ押し。益田東は三回、単打や犠打などで1点を返したが、相手の好守にも阻まれ、及ばなかった。

【大田-石見智翠館】三回裏石見智翠館無死二塁、松浦が左翼線適時二塁打を放ち4点目を追加=松江市営野球場で、根岸愛実撮影 拡大
【大田-石見智翠館】三回裏石見智翠館無死二塁、松浦が左翼線適時二塁打を放ち4点目を追加=松江市営野球場で、根岸愛実撮影

大田

  000000000=0

  01401110×=8

石見智翠館

 石見智翠館が13安打を放って大勝した。二回1死一、三塁、鶴の犠飛で西村向が生還し先制。三回には上田の適時三塁打と、小川、松浦の適時二塁打など連続長短打で一挙4得点し突き放した。投げては鶴、迫広、矢野が、大田打線に三塁を踏ませず零封した。大田は5安打を放ったが、あと一本が出なかった。

直球勝負で優勝目指す 石見智翠館・鶴仁(つる・じん)投手(2年)

石見智翠館の鶴仁投手=松江市営野球場で、根岸愛実撮影 拡大
石見智翠館の鶴仁投手=松江市営野球場で、根岸愛実撮影

 ここまで全4試合に先発し、無失点試合が続くチームの快進撃に貢献している。

 準決勝も7回で、打者24人に対し被安打3、7奪三振と好投。「初回から飛ばしていった。最後まで投げたかった」と苦笑いした。

 登録選手となったのは、今大会が初めて。末光章朗監督は「性格が素直で、点を取られても変わらない投球ができる」とエースナンバーを任せた理由を話す。

 野球を始めたのは小学2年生の時で、投手一筋できた。得意とする内角への直球はずっと意識して練習してきたという。今は持久力をつけるため、重ね着をしてランニングをするなどし、鍛えている。

 この日の投球について「先頭打者や、アウトを取った後の初球で打たれている」と反省点を口にし、冷静に自己分析する一面も見せる。決勝の開星戦に向け「スピードでは負けない。優勝して先輩方にいい報告がしたい」と意気込んだ。【前田葵】

あわせて読みたい