衆院選

民進一部残留、分裂へ 希望の選別に反発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党は30日、各都道府県連の幹部を集めた会議を党本部で開いた。希望の党の小池百合子代表(東京都知事)の民進党出身者を選別する方針への反発が相次ぎ、「民進党公認の道を開くべきではないか」(北海道連)との意見も出た。希望の党への不参加を表明する民進党前衆院議員も続出している。全員合流は困難な情勢で、民進党の一部が残留し、分裂するのは避けられない見通しとなった。【光田宗義、松本晃、山衛守剛】

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1071文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい