メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米FRB

議長人選が本格化 「金融引き締め」立場カギ

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長の人選を本格化させた。記者団に29日、「今後2、3週間で決定する」と述べ、10月中に決定する考えを表明した。元FRB理事のケビン・ウォーシュ氏、現理事のジェローム・パウエル氏と相次いで面会しており、これにイエレン議長、側近で国家経済会議(NEC)のコーン委員長を加えた4人を軸に選考が進みそうだ。

 トランプ氏は29日、記者団に「議長の人選で4人と面会した」と語った。誰と面会したかは明かさなかった…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文913文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  4. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]