メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米FRB

議長人選が本格化 「金融引き締め」立場カギ

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長の人選を本格化させた。記者団に29日、「今後2、3週間で決定する」と述べ、10月中に決定する考えを表明した。元FRB理事のケビン・ウォーシュ氏、現理事のジェローム・パウエル氏と相次いで面会しており、これにイエレン議長、側近で国家経済会議(NEC)のコーン委員長を加えた4人を軸に選考が進みそうだ。

 トランプ氏は29日、記者団に「議長の人選で4人と面会した」と語った。誰と面会したかは明かさなかったが、米メディアによると、ムニューシン財務長官とともに27日にパウエル氏、28日にはウォーシュ氏と面会。トランプ氏は混乱なく景気拡大を導いてきたイエレン氏を「いい仕事をしてきた」と評価している。コーン氏は、白人至上主義をめぐるトランプ氏の発言を批判した後、指名観測が後退したが、今も候補に残っている模様…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです