米FRB

議長人選が本格化 「金融引き締め」立場カギ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長の人選を本格化させた。記者団に29日、「今後2、3週間で決定する」と述べ、10月中に決定する考えを表明した。元FRB理事のケビン・ウォーシュ氏、現理事のジェローム・パウエル氏と相次いで面会しており、これにイエレン議長、側近で国家経済会議(NEC)のコーン委員長を加えた4人を軸に選考が進みそうだ。

 トランプ氏は29日、記者団に「議長の人選で4人と面会した」と語った。誰と面会したかは明かさなかったが、米メディアによると、ムニューシン財務長官とともに27日にパウエル氏、28日にはウォーシュ氏と面会。トランプ氏は混乱なく景気拡大を導いてきたイエレン氏を「いい仕事をしてきた」と評価している。コーン氏は、白人至上主義をめぐるトランプ氏の発言を批判した後、指名観測が後退したが、今も候補に残っている模様…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文913文字)

あわせて読みたい

注目の特集