メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

日航マタハラ訴訟の原告(その2止) 休職命令で生活苦

東京地裁前でマタハラについて理解を深めてもらおうとビラを配る神野知子さん(左)=4月26日、田口雅士撮影

 

 ◆勇気を出し立ち上がった客室乗務員

あらぬ中傷を受け

 日本航空の客室乗務員、神野(じんの)知子さん(42)の妊娠が判明したのは2014年8月、39歳の時だ。

 「ずっと子どもが欲しかったので、妊娠が分かった時はすごくうれしかった。年齢のこともあるので」

 かつての日本では「エアホステス」と呼ばれていた客室乗務員。半世紀前まで30歳定年が当然とされ、1970年代まで日航にも、結婚するまでしか働けない「結婚退職制度」が存在していた。最も重要な任務は乗客の命と安全を守ることなのに「若いほうが客に喜ばれる」という誤った価値観は今も残っている、と指摘する航空関係者もいる。

 ただ、客室乗務員の仕事は低気圧・低酸素の機内で荷物の上げ下ろしをしたり、重い機内食カートを運んだり…

この記事は有料記事です。

残り4073文字(全文4407文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです