メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
囲碁・将棋スペシャル

囲碁 阿含・桐山杯 六浦三段が決勝進出 初優勝かけ高尾名人と対決

 <阿含・桐山杯第24期全日本早碁オープン戦 準決勝から>

 早碁日本一を競う阿含・桐山杯第24期全日本早碁オープン戦(日本棋院主催、毎日新聞社・京都新聞社後援、阿含宗特別協賛)は決勝進出の2人が決まった。優勝を争うのは、現在、井山裕太6冠と名人戦七番勝負を戦っている高尾紳路名人(40)と日本棋院中部総本部所属の若武者、六浦雄太三段(18)。ともに初優勝を目指す。決勝戦は7日、京都市山科区の阿含宗釈迦山大菩提寺で打たれる。

 阿含・桐山杯はアマチュアが参加できる公式戦。アマ本因坊戦ベスト8、世界アマ日本代表決定戦ベスト8ら…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1146文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです