メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

持田叙子・評 『完本 春の城』=石牟礼道子・著

 (藤原書店・4968円)

 春の潮のよい日。おかよは母のかたみの夕顔色の小袖をまとい、舟で嫁入りする。ここは天草、下島。めざすは対岸、島原半島の口之津村。全村が切支丹(きりしたん)である。その庄屋へ嫁ぐ。

 おかよの実家は仏教徒。しかし不安はない。亡き母も、マグダレナという霊名をもつ切支丹だった。舟が着くと、口之津村の子らが駆けよる。代表格の少女が進みでて、ようこそ村へアメン、と唱え、花嫁に野の花輪をささげる。

 うららかに優しく、物語ははじまる。石垣に天守閣に、桜ふぶき舞うごとき題名にふさわしい。しかし。

この記事は有料記事です。

残り1742文字(全文1996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです