メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

持田叙子・評 『完本 春の城』=石牟礼道子・著

 (藤原書店・4968円)

「魂の故郷」天草、受苦の歴史

 春の潮のよい日。おかよは母のかたみの夕顔色の小袖をまとい、舟で嫁入りする。ここは天草、下島。めざすは対岸、島原半島の口之津村。全村が切支丹(きりしたん)である。その庄屋へ嫁ぐ。

 おかよの実家は仏教徒。しかし不安はない。亡き母も、マグダレナという霊名をもつ切支丹だった。舟が着くと、口之津村の子らが駆けよる。代表格の少女が進みでて、ようこそ村へアメン、と唱え、花嫁に野の花輪をささげる。

 うららかに優しく、物語ははじまる。石垣に天守閣に、桜ふぶき舞うごとき題名にふさわしい。しかし。

この記事は有料記事です。

残り1728文字(全文1996文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです