メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『せつない動物図鑑』=ブルック・バーカー著

 (ダイヤモンド社・1080円)

 著者の生まれた日、「どんな生き物とも、お友だちになれますように」というメッセージを添えて、おばあちゃんが、動物の赤ちゃんの本をプレゼントしてくれたそうだ。その言葉と本に導かれるように動物好きになった著者。図書館に勤めながら動物のことをいろいろ調べるうち、たくさんの驚きと出会った。

 原題『SAD ANIMAL FACTS』を『せつない動物図鑑』とした訳者のセンスもすばらしい。「ちょっとした、せつない告白。」「できなくて、せつない。」「恋は、せつない。」「へんてこで、せつない。」「すごいけど、せつない。」「おとなになるのは、せつない。」「さみしくて、せつない。」「子育てだって、せつない。」などの全九章。どこから読んでもおもしろい。たとえば、「カメはおしりのあなから息をする」「…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです