メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

『ホワイトハウスのピアニスト ヴァン・クライバーンと冷戦』=ナイジェル・クリフ著

 (白水社・5184円)

 モスクワで開かれるチャイコフスキー国際コンクールは、若手音楽家の登竜門といわれ、これまでアシュケナージ(ピアノ)やクレーメル(バイオリン)ら偉大な音楽家を生んできた。しかし、コンクールでの優勝はあくまでも始まりの始まりであって、大成するか否かは、本人の努力と、どうしようもなく襲いかかる時代の偶然に左右される。

 本書はその負の典型例といえる米ピアニスト、ヴァン・クライバーンの生涯を描く。冷戦ただ中、ソ連の国威…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです