メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

養老孟司・評 『視覚の生命力-イメージの復権』=柏木博・著

 (岩波書店・3024円)

画像が優先する現代の根拠は

 本書は視覚に関わるさまざまな分野を、著者の視点から渉猟している。副題は「イメージの復権」。序説では、文字ないし音声による言語優先の思考ではなく、図像あるいは視覚的印象が優先していく現代について、その根拠を語ろうとする。

 主体は三部構成になっており、第一部は具体的な部屋である。抽象的な議論が苦手な人は、ここから読みだしてもいい。部屋は個人の視覚印象を典型的に語ることがある。最初は画家である金子國義の部屋の紹介である。金子はその部屋でないと落ち着かない。そこにじつにさまざまなものを持ち込んでいて、それが丁寧に紹介される。最後にこれがゴミ屋敷に地続きになるという文章を読んで、思わず笑った。

 次は正岡子規である。子規は結核による脊椎(せきつい)カリエスで、晩年の三年間はほとんど病床から動け…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  2. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです