連載

いただきます

「食」から人々の物語を描きます。

連載一覧

いただきます

うな重×将棋会館 勝負メシ、魂の対局演出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラスト 佐々木悟郎
イラスト 佐々木悟郎

 張り詰めた空気に、駒音が響いた。

 9月14日朝、東京・千駄ケ谷の将棋会館「飛燕(ひえん)」の間。7四歩。開始から間もなく、佐藤慎一五段(35)はほとんど前例のない攻めの一手を指した。向かい合うのは藤井聡太四段(15)。史上最年少で棋士になり、29連勝の記録を作った若き天才だ。

 藤井四段とは話したこともないが、対局を心待ちにしていた。「相手は必ず良い手を指す。応えられればきっと面白い将棋になる」

 お昼の時間が来た。棋士にとって食事は勝負のうちでもある。相手より豪華さや量で上回り心理的に優位に立とうとする人もいる。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1368文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集