メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

孤道

完結編募集 第2の内田康夫さん誕生を期待

内田康夫さん=竹内紀臣撮影

 内田康夫さんの未完の最新刊『孤道』(毎日新聞出版)をめぐり、完結編を募集するプロジェクトが始まって約5カ月。来年4月末日の締め切りに向け募集が続いている。

 『孤道』は内田さんの病気療養のため連載が中断した。このほど人気ミステリー作家、西村京太郎さんが応援メッセージを寄せた。“戦友”として「内田さんがいないと、心細くて仕方がない」と心情を明かしながら、「これを機会に、第2の内田康夫の誕生が見られるかも知れない。私としては、それを…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです