メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る東海百景

愛知は「将棋王国」 瀬戸出身藤井四段プロ1年 指導員、全国最多

 愛知県瀬戸市出身で名古屋大教育学部付属中3年のプロ棋士、藤井聡太四段(15)がプロ入りして1日で1年となった。新たなスターが愛知県から誕生したのは、偶然なのだろうか。日本将棋連盟(東京本部)によると、愛知県は連盟所属の将棋普及指導員数が全国で最多など、「将棋王国」といっても過言でないほどファン層の厚い土壌があった。【尾崎稔裕、吉富裕倫】

 将棋の普及の目安となる日本将棋連盟の支部数は、最多から順に、東京都51支部▽愛知県33支部▽埼玉県…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです