名古屋市立大病院

最新鋭の放射線治療装置を導入 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 名古屋市立大学病院(名古屋市瑞穂区)は最新の放射線治療装置を導入し、2日から運用を開始する。放射線治療で毎回の開始時に治療部位を確認するCT(コンピューター断層撮影装置)の撮影速度が従来より3割ほど速くなり、その後の放射線照射を含む治療全体にかかる時間が、従来の約20分から7分ほど短縮できるという…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

あわせて読みたい

ニュース特集