メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸エルマール文学賞

岩崎さん「鳴き砂」に /兵庫

 関西の同人誌で活動する作家を対象にした「第11回神戸エルマール文学賞」(同文学賞基金委員会主催)に、岩崎可奈さん(52)=京都市=の「鳴き砂」(「あべの文学」23号)が決まった。

 受賞作は、若い男性自衛隊員と女性の恋物語で、「背景には反戦思想や現代の混沌(こんとん)とした世相や命に関わる問題を含み、それを読み手に気づかせようとする秀逸な作品」(選考委員、野元正さん)などと評価された。

 今回は、今年3月までの1年間に、同人誌など100誌に掲載された小説・エッセイなど約1000作品と単行本(自費出版)8冊の中から選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです