メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

食パンと奈良市民 全国1位、小麦粉は2位 /奈良

 奈良市民は「米食」派でしょうか、それとも「パン食」派でしょうか。もしかして「粉食」派でしょうか。

 都道府県庁所在市及び政令指定都市(52都市)の2014~16年平均の年間購入量(総務省統計局・家計調査)を手掛かりに探ってみることにします。

 奈良市民は1年間で25・3キロの食パンを買っていて、全国一でした。全国平均より6キロも多く食パンを食べています。

 では奈良市民はパン食派なのかといえば、そうとも言い切れません。パン全体の購入量を見ると、54キロで全国7位。1位の京都市と比べると5キロ以上の差があります。「飛びきりのパン好き」というほどでもありません。食パンだけが突出しいます。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです