特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

県大会 富岡西、延長戦制す 鳴門など4強決まる /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【池田-富岡西】十回裏富岡西2死二、三塁、村上がサヨナラの左前適時打を放つ=徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、大坂和也撮影 拡大
【池田-富岡西】十回裏富岡西2死二、三塁、村上がサヨナラの左前適時打を放つ=徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、大坂和也撮影

 第70回県高校野球秋季大会(県高野連主催)は1日、鳴門市のオロナミンC球場と阿南市のJAアグリあなんスタジアムで準々決勝4試合があり、富岡西、鳴門、生光学園、鳴門渦潮が4強入りを果たした。

 準決勝は7日、決勝と3位決定戦は8日に、いずれもオロナミンC球場で行われる。上位3校は、来春のセンバツ出場校を選ぶ参考資料となる秋季四国地区高校野球大会(高知県)に出場する。【大坂和也】

 ▽準々決勝

 ○…オロナミンC球場…○

池田

  0000000500=5

  0203000001=6

富岡西

 (延長十回)

 (池)白川、土井-吉田

 (富)浮橋-村上

▽二塁打 橋本(池)

 富岡西が延長戦を制した。十回、四死球と犠打で2死二、三塁の好機を作り、村上の適時打で締めくくった。主戦・浮橋が147球完投。池田は5点を追う八回、四球や敵失などで追い付いたが、後1本が出なかった。

脇町 0010000=1

鳴門 017001×=9

 (七回コールド)

 (脇)立木-冨田

 (鳴)西野、竹内-中村

▽二塁打 大下、浦、三浦光(鳴)

 鳴門が大量得点で圧倒した。同点の三回、大下と浦の適時二塁打など打者11人で7点を挙げ突き放した。投げては2投手が相手打線を3安打に封じた。脇町は三回、竹内の適時打で追い付いたが、打線がつながらなかった。

 ○…JAアグリあなんスタジアム…○

城東

  000110000=2

  02002001×=5

生光学園

 (城)武口-浦上

 (生)齊藤、梶谷-山口

▽三塁打 前野(城)

▽二塁打 武市(城)森本、大西(生)

 生光学園が逆転を許さなかった。二回、敵失などで走者を一、二塁に進め、森本の適時二塁打で先制。同点とされた五回には湯浅の適時打で突き放した。城東は武市の適時打で一時追いついたが、10残塁の逸機が響いた。

城南

  001040010=6

  00002302×=7

鳴門渦潮

 (城)丸山、稲井、近藤、張-張、岡田

 (鳴)佐藤、下村、鈴江-加藤

▽三塁打 加藤、鈴江(鳴)

▽二塁打 久島、大谷(城)城古、岩本2、鈴江(鳴)

 鳴門渦潮が5点差から逆転勝ち。3点を追う六回、鈴江の適時三塁打と岩本の適時二塁打で同点。八回に勝ち越しを許すも岩本の適時打で逆転した。城南は序盤、相手のミスにつけ込み優位に進めたが、粘りきれなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする