メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

復興事業へ不信の声続出「役場方針から外れると要望通らない」 シンポで訴え 住宅の6割全半壊被害の益城町 /熊本

「まち協で要望しても受理さえしてもらえない」と会場から訴える下原・島田地区まち協の田崎会長(中央)

「住民主体のまちづくり」から遠い現実

 熊本地震で住宅の6割が全半壊した益城町の復興まちづくりを考えるシンポジウムが9月30日夜、同町木山の町交流情報センターであった。会場からは、地区ごとに設置された「まちづくり協議会(まち協)」の要望を町が受理しようとせず、まち協の運営を町から委託されたコンサルタントが住民の意向とは違う方向に誘導しようとしているなどと、復興事業への不信の声が続出した。【福岡賢正】

 シンポは、くまもと地域自治体研究所と熊本地震被災者支援共同センター、益城・四車線化を見直そう会の3…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです