メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 経済/ストーリー/くらしナビ

 ◆経済

    稲盛和夫さんの半生記 3日・火曜日から 経済面

     京セラ、KDDIを創業し、日本航空を再建した稲盛和夫さん(85)の半生記「思い邪(よこしま)なし」を毎週火曜日から土曜日の経済面に連載します。筆者は作家の北康利さんです。北さんは「白洲次郎 占領を背負った男」で第14回山本七平賞を受賞したほか、富士銀行などでの勤務経験を生かし、松下幸之助、小林一三らカリスマ経営者の評伝を多数執筆しています。

     ◆ストーリー

    戦場のダンサーが見たアジア 8日・日曜日 1面、ストーリー面

     ベトナム戦争中、唯一の日本人従軍ダンサーとして米軍キャンプで踊った武山真理子さん(85)。日本統治下の台湾で生まれ、日本軍や中国国民党の兵士の前で歌い踊り、日本に引き揚げた後は日劇ミュージックホールのダンサーも務めました。半世紀にわたる東南アジア生活から昨春帰国し、東京都内で余生を送る「伝説のダンサー」が語る激動のアジア史を描きます。

     ◆くらしナビ

    スケート高木姉妹の父 4日・水曜日 くらしナビ面

     来年の平昌冬季五輪・女子スピードスケートでメダルの期待がかかるのが、高木菜那選手(25)、美帆選手(23)の姉妹です。2人は北海道で、父の愛徳さん(60)ら家族のおおらかな愛にはぐくまれました。菜那さんは幼少期からやんちゃ、美帆さんは頑固でまじめと、異なる性格です。その姉妹をそろって名選手にするために、どんな子育てをしてきたのでしょうか。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」
    2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
    3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
    4. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
    5. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです