メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

『うたげと孤心』再び=酒井佐忠

 今年の4月、大岡信さんが亡くなってから現代を代表する詩人、文芸・美術批評家だった大岡さんの功績を再確認する企画が相次いでいる。大岡信ことば館(静岡県三島市)では9月16日から「大岡信追悼特別展」(11月26日まで)が始まり、また、初期評論の出発点となる『現代詩試論 詩人の設計図』が講談社文芸文庫として刊行された。そして今回、古典詩歌論の「最高傑作」といわれる『うたげと孤心』(岩波文庫)が私の手元に届いた。

 詩歌に携わるものとして「うたげと孤心」の精神は、大切なものとしてよく知られている。だが、その評論す…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです