メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北・みやぎ復興マラソン

被災地の今、駆け抜け

防潮堤を兼ねた供用開始前の新しい道路を走るランナーたち=宮城県岩沼市で2017年10月1日午前9時50分、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の被災地を走る「第1回東北・みやぎ復興マラソン2017」(仙台放送など主催)が1日、太平洋に面する宮城県名取市や岩沼市、亘理町であった。参加者は約1万3000人で、うち6割は海外を含む県外から。新しい防潮堤や沿道の慰霊碑などを見ながら、秋の東北路を駆け抜けた。

 復興が進む被災地の現状を広く知ってもら…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです