特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

希望の公認、奪い合い 「生え抜き」と民進系

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
民進党本部に入る前原誠司代表=東京都千代田区で2017年10月2日午前9時28分、竹内紀臣撮影
民進党本部に入る前原誠司代表=東京都千代田区で2017年10月2日午前9時28分、竹内紀臣撮影

 小池百合子東京都知事が代表の希望の党結党から1週間。世論調査で大躍進が期待されるほどの支持を集め、多数の候補者擁立作業がヤマ場を迎える一方で、もともと小池氏の活動に共鳴していた人々と、突然合流することになった民進の立候補予定者が公認を争う構図も表面化している。公示まで8日。各陣営に残された時間は少ない。【加藤昌平、萩原桂菜、山下智恵、安味伸一】

 「いったいどこに流れ着くのか」。9月下旬、民進から栃木1区で立候補予定の元職、柏倉祐司氏が離党届を提出し、新たに民進が擁立した渡辺典喜氏はため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1145文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい