メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペイン

カタルーニャで独立問う住民投票 警官と衝突も

夜が明ける前から投票所前に詰めかけた独立派の市民ら=バルセロナで2017年10月1日、賀有勇撮影

 【バルセロナ(スペイン北東部)賀有勇】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票が1日、行われた。投票箱を押収しようとした警察官らと独立派住民が衝突、当局によると、警官12人と市民ら465人が負傷、3人が逮捕された。投票は「違憲」だとして阻止を図った中央政府は結果を認めない見通しで、混乱はさらに続くと見られる。

 中央政府はスペイン各地から警察官を動員し、自治州政府側が用意した投票所2315カ所の半数以上を閉鎖した。州都バルセロナなどの一部の投票所では、警官隊と、「投票したいだけだ」と叫ぶ独立派らがぶつかった。州政府によると、警察はゴム弾や警棒も使用して鎮圧を図った。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです