立憲民主党

結党会見詳報(3)「連合の理解を確信」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で新党結成を発表し、質問する記者を指名する民進党の枝野幸男代表代行=東京都内のホテルで2017年10月2日、手塚耕一郎撮影
記者会見で新党結成を発表し、質問する記者を指名する民進党の枝野幸男代表代行=東京都内のホテルで2017年10月2日、手塚耕一郎撮影

 --衆院選では、どのくらいの数の候補者を擁立しますか。民進党では、共産党、社民党、自由党と選挙協力を模索する中で「候補者をできるだけ一本化模索する」ということを合意して進めてこられたが、この枠組みは立憲民主党に引き継いで維持していきますか。

 枝野氏 われわれの、本日、私が呼び掛けた理念、政策を、より幅広い国民に訴え、多くの議席を得るには、一人でも多くの候補を擁立したいと思っているが、こういうプロセスで、(衆院選の)直前になっての設立なので、いま具体的に何人と言える段階でない。

 私が幹事長時代に行われていたのは、当時の民主党、民進党と幅広い市民との連携だと思っているし、この衆院選の前においても、大島(敦)民進党幹事長が、そうした皆さんから要望を受け、幅広い市民と連携するのが民主党時代だったと思うし、私も幅広い市民の皆さん……市民連合に代表される……と、連携したいと思っている。まずは私どもは、市民連合と連携するということであり、他の党と何か行うということでない。

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1462文字)

あわせて読みたい