米国

ラスベガス乱射 銃42丁、爆発物押収 周到に計画か 死者59人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ラスベガス(米ネバダ州)長野宏美、ワシントン高本耕太】米西部ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で現地時間1日夜起きた銃乱射事件で、地元の捜査当局は2日、死者59人、負傷者は527人に上ったと発表した。捜査当局が、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の宿泊先ホテルの部屋や自宅を捜索した結果、銃や爆発物を含む大量の武器を発見。周到に犯行の準備をしていた可能性が高まった。

 当局は2日未明、ラスベガスから北東約100キロ離れたネバダ州メスキートにあるパドック容疑者の自宅を捜索。銃19丁と爆発物などを発見、押収した。ホテルの部屋でも銃23丁が見つかっており、合わせて42丁となった。また、容疑者の車から硝酸アンモニウムが見つかったことも明らかにした。硝酸アンモニウムは火薬や爆薬の原料となる危険物で、オクラホマシティーの連邦政府ビル爆破事件(1995年)の爆弾にも使用され…

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1233文字)

あわせて読みたい

注目の特集