バイオリニスト・若林暢さん

死後1年、魂の響きに共鳴 国内初アルバム、チャート1位

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
若林暢さん
若林暢さん

 昨年6月、がんのため58歳で亡くなったバイオリニスト、若林暢(のぶ)さんのアルバムCDが国内の音楽チャートのクラシック部門で1位を獲得した。心に響く演奏で「魂のバイオリニスト」と呼ばれた若林さんは、海外で高い評価を得ながらも日本で広くは知られていなかった。死後1年たって、その才能や生き方が注目されている。【足立旬子】

 若林さんは4歳でバイオリンを始め、東京芸大大学院修了後、米ニューヨークのジュリアード音楽院を卒業。高度な技術と躍動感あふれる多彩な音色で、ニューヨーク国際芸術家コンクールで優勝するなど世界の舞台で活躍した。

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1062文字)

あわせて読みたい

注目の特集